OUTLINE

歯周病が進行すると、歯を支えている歯槽骨が溶けていきます。これを骨の吸収といいます。
歯槽骨が吸収されてしまうと、歯を支える土台が揺らぎ、最終的には歯が抜け落ちることもあります。
そこで行われるのが歯周組織再生療法とも呼ばれている方法で、
GTR法とエムドゲイン法の2種類があります。

骨再生療法とは

SUITABLE FOR

こんな方におすすめします

  • 歯槽膿漏や歯周病で歯槽骨まで溶けてしまった
  • インプラントをしたいが骨の幅が薄い
  • 抜歯の後の骨の欠損部分を埋めたい
  • 義歯の使用が長く骨が部分的に減ってしまった
  • ケースがはいりますケースがはいります

BONE REGENERATION

  • GTR法

    GTR法

    GTR法とは、メンブレンという人口の膜を歯肉と歯槽骨との間に挿入することで、正常な歯槽骨や歯根膜が再生される治療法です。

  • エムドゲイン法

    エムドゲイン法

    エムドゲイン法とは、ゲル状のたんぱく質を歯根に塗布することで、歯槽骨や歯根膜の再生を促す治療法です。