OUTLINE

矯正治療とは、乱れた歯並びを治す歯科治療です。
出っ歯や受け口、すきっ歯など、悪い歯並び(不正咬合)には沢山の種類がありますが、
矯正歯科ではそれぞれに最適な治療法が容易されています。
ですから歯並びの悪さでお悩みの方は、ご自身がまずどの種類の不正咬合なのかを知ることが重要といえます。

type

不正咬合には以下のような種類が存在しています。

出っ歯(上顎前突)

出っ歯とは、上の顎の歯が前方に突出した不正咬合です。
専門的には上顎前突と呼ばれるもので、比較的日本人に多い不正咬合といえます。
出っ歯は顔貌の変化にもつながる目立ちやすい不正咬合であるため、矯正治療を希望される患者さんが多い傾向にあります。

受け口(下顎前突)

受け口とは、下の顎が前方に突出した不正咬合で「しゃくれている」と表現されることもあります。
専門的には下顎前突と呼び、歯が前方に突出している場合と、顎自体が前方に突出している場合とがあります。
それぞれで治療法が異なってきます。

乱杭歯(叢生)

乱杭歯(らんくいば)とは、歯列全体に乱れがある不正咬合です。個々の歯が重なり合ったり、斜めに生えたりすりことで、歯列全体が凸凹に乱れています。
専門的には叢生(そうせい)と呼ばれており、審美性を低下させるだけでなく、歯ブラシによる清掃性も低下するため、虫歯や歯周病を引き起こしやすくなります。

受け口(下顎前突)

開咬(かいこう)とは、上の歯列と下の歯列との間に隙間ができる不正咬合です。
多くの場合、上下の前歯の間に生じます。
口を閉じても歯列間に隙間があるため、お口の中が乾燥しやすくなります。
また、言葉を発する際に支障をきたすケースもあります。

すきっ歯(空隙歯列)

すきっ歯とは、歯と歯の間に隙間ができる不正咬合で、専門的には空隙歯列(くうげきしれつ)と呼ばれています。
顎の大きさに比べて歯の大きさが小さかったり、歯の本数が足りなかったりすることで生じる不正咬合です。
すきっ歯では食べ物が歯間につまりやすく、発声にも悪影響が生じることがあるため、矯正治療が有効といえます

咬み合わせが深い(過蓋咬合)

咬み合わせが深い不正咬合を過蓋咬合(かがいこうごう)と呼んでいます。
口を閉じたりものを噛んだりした時に、上下の歯が重なり擦れ合うことがあるため、歯を傷つける恐れが生じます。
また、噛む力が特定の場所に集中してしまうという悪影響も考えられる不正咬合です。

TREATMENT

一般の矯正歯科ですと矯正のみの治療で歯周病や、虫歯等の治療は別の病院でということが多いのですが、当院は複合する治療を高いレベルで行っております。
特に成人の方で歯並びが悪いが、差し歯や、歯のないところがあるなどの、矯正だけでは 解決できない方の治療実績があります。
また、小児の予防的な矯正治療も行っております。

ORTHODONTIC

治療方法にはストレートワイヤー矯正、見えない矯正(舌側矯正、Invisalign、クリアアライナー)、
インプラント矯正、床矯正、MTM(1歯から数歯の矯正)などがあります。

  • ストレートワイヤー矯正

    ストレートワイヤー矯正とは、ブラケットとワイヤーを用いた最も一般的な矯正法です。
    歯の表面にブラケットを配置して、そこに真っすぐなワイヤーを通します。

  • 見えない矯正

    見えない矯正とは、文字通り矯正治療を受けていることがわかりにくい矯正法です。
    歯の裏側に金属製のワイヤーをあてる舌側矯正(ぜっそくきょうせい)や、透明な樹脂製のマウスピースを装着するクリアアライナーやInvisalignなどがその代表です。
    一見すると何も装着していないように見えるため、見た目を重視される方にお勧めの矯正法といえます。

  • インプラント矯正

    インプラント矯正とは、アンカーインプラントと呼ばれる特別な器具を顎の骨に埋め込んで行う矯正法で、一般的なインプラント治療では、顎の骨にインプラント体を埋め込んで歯の根っこに施術しますが、矯正治療におけるインプラントは、あくまで歯を動かすための道具に過ぎません。

  • 床矯正

    床矯正とは、床矯正装置と呼ばれるもので顎の幅を広げたり、顎の発育を促進したりする目的で行われる矯正法です。
    主に発育途上にある小さなお子さんに適用される矯正法です。
    一般的な矯正法のように、歯を抜いてスペースを作ったり、1歯1歯を細かく動かしたりするのではなく、顎全体の形態や発育を改善する治療法といえます。

  • MTM

    MTMとは日本語で部分矯正と呼ばれるもので、1本から数本の歯を動かすために行われる矯正法です。
    歯並びが悪く、インプラントやブリッジ、義歯が装着出来ない場合にMTMで歯の位置をを整えてから治療すると効果的です。
    一般的な矯正法のような歯列全体の治療ではないため、治療期間が短く、費用も比較的安く済みます。

FLOW

当院では、次のような流れで矯正治療を進めていきます。

  1. カウンセリング

    患者様のご希望に合わせた最適な矯正治療についてご相談致します。
    治療の概略、スケジュール、費用等について説明します。

  2. 精密検査・診断

    レントゲンを撮ったり、顔や口の中を写真に撮ったり、歯型を取ったりします。
    顎の機能の検査なども詳しく行っています。
    患者様に最適な治療を行うために正確な検査・診断は不可欠です。検査結果をもとに患者様に最適な治療について具体的に説明いたします。

  3. 治療

    1~2ヶ月に1度来院していただき、必要な処置を行います。
    抜歯が必要な場合は抜歯を行います。治療期間は1.5~2年くらいです。

  4. 定期健診

    後戻りを防止するための装置(リテーナー)のチェックを行います(3ヶ月に1度くらい)。
    後戻りを防ぐためにも、終わってからの定期検診はしっかり受けてください。
    治療前、治療中、治療後を通じてブラッシング指導、歯のクリーニング、歯石の除去等を行います