OUTLINE

歯周病とは、歯茎や顎の骨に炎症が生じる病気です。
歯茎の腫れや痛み、出血などを伴い、重症化すると顎の骨が溶けることもあります。
そんな歯周病は、細菌に感染することで発症します。
歯周病菌に感染し、歯垢や歯石で増殖することで症状が悪化していくのです。

Purpose and flow

歯周治療の目的歯周病の原因は、歯垢や歯石で増殖する歯周病菌ですので、歯周治療ではこれらの汚れを除去することを主な目的としています。
歯周治療は、まず歯周基本治療と呼ばれるものから始まり、それでも症状が改善されない場合は歯周外科手術が行われます。

BASIC TREATMENT

歯周基本治療とは、歯周病を患った患者さんのほぼすべてに適用されるものです。
処置にはいくつか種類があり、患者さんのお口の状態に応じて組み合わせていきます。

  • プラークコントロール

    プラークコントロールとは、歯垢であるプラークを除去し、口腔内の衛生状態を高める処置で、プロフェッショナルケアとセルフケアの2種類があり、前者は歯科医院で歯科医師などの専門家が行います。
    専用の薬剤や器材を用いることで、歯周病の原因となるプラークを除去していきます。
    後者は患者さん自身が自宅で行う処置のことで、適切なブラッシングを実施することを意味します。

  • SRP

    SRPとはスケーリングルートプレーニングの略称で、歯面に付着した歯石を取り除く処置を指します。
    歯冠の部分に付着した歯石を除去することをスケーリングと呼び、歯根に付着した歯石を除去することをルートプレーニングと呼びます。
    スケーラーという専用の器具で除去していきます。

  • TBI

    TBIとはトゥースブラッシングインストラクションの略称で、専門家によるブラッシング指導を意味します。
    私たちの歯はひとりひとりで形や大きさが異なり、歯列全体の形態も異なります。
    それだけに、それぞれの歯並びに合った正しいブラッシング法を実践することが重要となります。
    TBIでは、染め出し液によってどんな部分に磨き残しが多いのかを調べ、最も効果的なブラッシング法を指導していきます。

その他、歯周基本治療では歯周病の原因となっている口腔習癖の改善や
保存することが不可能な歯の抜歯、知覚過敏症の治療なども行われます。

SURGERY

歯周外科手術歯周外科手術は、歯周基本治療で対応できなかった症例に対して実施される治療で、歯茎をメスで切開して、歯の根っこの部分を露出させます。
そうすることで歯周基本治療では取り除くことができなかった歯根部の歯石を除去します。
歯周外科治療にはいろいろな種類があり、歯周病によって溶けてしまった顎の骨を再生させる治療法も含まれます。