OUTLINE

ホワイトニングとは、専用の薬剤を塗布して歯を白くする歯科治療です。
タバコのヤニや茶渋などで着色した歯を白くすることができます。
そんな歯のホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つに分けることができます。
それぞれ使用する薬剤や器材などが異なります。

ホワイトニングとは

MERIT

ホワイトニングをすると、漂白効果によって歯が白くなり、着色汚れが落ちて、歯本来の白さに戻すことができますので、口元に清潔感を与え、笑顔にも自信が持てるようになり、自然と笑うことも増えてくることでしょう。
また、歯の表面がツルツルと滑沢になることで、プラークなどが付着しにくくなり、虫歯予防や歯周病予防にもつながっていきます。
一見すると、審美性を高めるためだけの処置に見えますが、実は歯の健康維持にも大きく貢献してくれるのです。

WHITENING

  • オフィスホワイトニング

    オフィスホワイトニングは、ホワイトニング処置を歯科医院で行う治療法です。
    ですので、患者さんには歯科医院に来院してもらい、チェアの上で処置を受けて頂きます。

    使用する薬剤の主な成分は過酸化水素で、歯を漂白する効果を持っています。
    オフィスホワイトニングでは、そうしたホワイトニング剤を歯の表面に塗り、特別なライトやレーザーを照射することで薬剤の効果を最大限まで引き出します。

    オフィスホワイトニングは、ホワイトニング効果が非常に高いため、数回の通院で治療が完結します。
    とにかく早く歯を白く美しくしたいという方にはお勧めのホワイトニング法といえます。

  • ホームホワイトニング

    ホームホワイトニングは、ホワイトニング処置を患者さん自身がご自宅で施して頂く治療法です。

    まず始めに歯科医院に来て頂き、患者さんの歯型に合ったマウスピースを作製します。
    同時にホワイトニング剤を処方して、あとは患者さんご自身でホワイトニング処置を実践して頂くことになります。

    ホームホワイトニングで使用する薬剤は、主に過酸化尿素で構成されており、オフィスホワイトニングで使用する過酸化水素よりは漂白効果が緩やかと言えます。
    ですから、患者さん自身が施術しても大きなトラブルが生じる恐れが少ないといえます。

    具体的には、ホワイトニング剤を塗布したマウスピースを一定時間装着するだけなので、わざわざ通院する必要もなく、自宅で空いた時間に歯のホワイトニングを実践できるのです。
    ちなみにホームホワイトニングで使用される薬剤は、オフィスホワイトニングと比べると即効性に劣りますが、白さを持続するという点においては勝っているともいえます。